Search this site
腰痛体操による腰痛予防法のやり方や腰痛になってしまった後
に行う腰痛体操のやり方
<< 腰痛とは | TOP |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
ぎっくり腰の腰痛体操のやり方

もし、ぎっくり腰になってしまったら、楽な姿勢で横になります。そして痛い腰部を10分ほど冷やして間をあけて又10分ほど冷やします。これを腰痛が軽減するまで繰り替えして安静にします。

2,3日するとぎっくり腰の腰痛が治まってきます。そしたら、少しずつ体を動かすことに慣れさせるために腰痛体操しましょう。

少しでも痛むからといって、じっとしているより軽く体操したほうが治り早いといわれています。

※痛みがひどい人や腰痛体操を行うことで症状が悪化しそうであれば、無理をしないで様子を見ながら進めて下さい。

・体が安定するような場所を選び、四つん這いの状態になります。

・息をゆっくり吸いながら背中から腰を上の方向へ持ち上げるように動かし、背部を伸ばしていきます。

・息をゆっくり吐きながらお腹をしたの方向へ近づけるようにゆっくり動かし、腰部を反らせるように動かしていきます。

これらを20、30秒位かけて、無理のない範囲で数セット繰り返し行います。


呼吸法も大切なのでリラックスした状態でリズムよく行って下さい。

posted by kantan-yase | 00:29 | 腰痛体操 やり方/ぎっくり腰 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 00:29 | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://kotubankyouse.jugem.jp/trackback/28
トラックバック